代表あいさつ

「スクエアワンの原点」

 

“世のため人のため”これは事業をする際の私にとって原点といえる言葉です。
そして、この精神はスクエアワンの事業においてもDNAとして脈々と流れる赤い血潮のように事業全体の細部にわたり浸透していかなければなりません。
迷ったときには、このことが果たして世のため人のためといえるのかを自問自答できる義侠心のある成熟した社会人であるべきと考えています。

 

 

「スクエアワンがやろうとしていること」

 

2001年に司法書士石川和司事務所を開設してから、一貫してお客様に対して最上のサービスを提供することを至上命題として取り組んで参りました。
当然のことながらお客様が求めることは、社会情勢とともに変化していきます。
そこでスクエアワンはそのニーズを一歩先に捉えながら自ら変化し柔軟に対応していくことがマーケットに必要とされるソリューションビジネスのあるべき姿だと考えています。
そのため、司法書士業務に始まり行政書士業務、社会保険労務士業務、不動産コンサルティングとお客様の多様で複合的なニーズに対応するため領域を拡大しながら変化してきました。

 

 

「スクエアワンとこの国の未来」

 

“人間到る処青山あり”これは私が生きていくうえでの覚悟としたい言葉です。
社会的に意義のある活動を継続していくことが、“世のため人のため”という原点にかなうことだと信じています。
この先の未来も覚悟を持って事業を継続していきたい、そして、その継続的な活動を通じて公正な社会実現の一助になりたいと考えています。

 

代表取締役