人生は長方形

人生は長方形

春と言えば、卒業。久しぶりに卒業文集を読みました。

娘が小学校を卒業するので、その卒業文集がおもしろくてすべて読みました。

読んでいて意外だったのが、小学校卒業の時点でなりたい職業を特定している人が、結構な割合でいたことです。

 

具体的には、どんな職業になりたいかをすべて挙げてみます。1学年5クラスあるので結構大変です。

弁護士、医者、検察官、公認会計士、看護師、介護士、獣医、学者、研究者、作家、パティシエ、大工、建築士、キャビンアテンダント、ゲーム開発者、動物園の飼育係、テレビのディレクター、サッカー選手、野球選手、バスケットボール選手、洋服の店員、社長、バレエダンサー、イラストレーター、薬の開発者、騎手、フラガール、ブリーダー、教師、プログラマー、ディズニーのキャスト、陸上選手、パイロット、ゲーム実況者、デザイナー、水泳選手、外交官、アイドル、女優、司書、ピアニスト、体操選手、ウェディングプランナー、モデル、プロゴルファー、救命救急士、芸人、空手の選手 以上です!

 

こうやってみると沢山の仕事があるのですねえ。子供たちは、間違っても公務員になりたいです!とか一流企業に入りたいです!などとは文集には書かないですね。

いつから、そのようになるのでしょうか?

 

中には、とてもユニークな職業を選んでいる子供がいて、それは「太陽光パネルの管理者」です。土地をみたり、日当たりを観察したりするのが好きだからだそうです。

 

我が娘はと言いますと、「司法書士」と書いていませんでした。(笑)しかし、「感謝を未来につなげて」と題名は少ししゃれた感じになっておりました。最後に、「私は小さい頃から父によく『世のため人のため』という言葉を言われてきた。私の名前もそれが由来の一つだ。私はその『世のため人のため』に必死になって勉強し働く。・・・」という文章があり僕が娘の文集に登場しているではありませんか!!

あまり、子育てと言うことに協力的ではない駄目な父親でしたので、少しうれしかったです。

 

しかし、かわいい我が娘よりもひときわ輝く文章の子供がいました。その子は、「ぼくが人生について例えるならば、長方形です。」と書いてあるのです。人生の時間はゼロではないため、その長短ではなく中身があると言うことに着目すると充実しているということで、それが、『長方形』だと言うのです。なかなか文学的ですね。

いやあ、人生まる~く生きたいなどと考えているようでは、イノベーションは起こせないですね。僕も子供たちに負けずに夢を追いかけます!

Tags:
, , ,