13億人の巨大市場へ新規参入

インドの
EC販売仲介

成長するインド市場へのEC販売及び
テストマーケティングをサポート致します。

\インド販売シミュレーションも可能/

販売相談はこちら

御社の事業をヒアリング 補助金の最適な活用方法をご提案 資料請求はこちら

申請フォーマット付き!事業再構築補助金攻略ガイド 資料ダウンロード

インドEC
販売仲介サービス
India Portalとは

インド現地の大手ショッピングモールでの
オンライン販売から実店舗によるオフライン販売まで。
御社の製品をインド13億人に低リスクで販売仲介致します。

SQUARE1の
インドEC
販売仲介の特長

①現地に豊富なネットワークを保有

インドにパートナー会社を持ち、インドに社員を約100名抱える弊社では、現地の物流ネットワークの構築やECモールのアカウント取得など幅広いサポートが可能です。

②売り上げ連動型、だから低リスク。

インドの主要なECモールでの販売代行プランは、売上の5%から運用が可能。テストマーケティングとしてニーズの検証からはじめることも可能です。

インドの主要な
モールで販売可能

Flipkart

名実ともにインドを代表するECモール。1800万人もの顧客を抱え、1日の注文数は10万点を超えると言われています。

Amazon India

言わずと知れた大規模ECモール。インド進出は2013年でしたが、今や30%程度のシェアを獲得。ますます拡大を進めています。

インド市場が
注目されている理由

将来、インドの購買力は中国よりも高く、
GDP成長率も飛躍的に高くなっていきます。

品質の高さも相まって高単価で取引されています。

取引価格が3倍以上のケースも!

(※あくまで参考であり、商材・時期によって単価は変動します。)

沢山の参入障壁、
少ない競合。

法人設立の壁

インドでは、外資規制により海外企業がインド国内に法人を設立し拠点を築くことは制限されています。

アカウント開設の壁

インドでのECモールへの出店も、現地法人のアカウント保有が必須で、海外から出品・販売するという方法はとれません。

現地対応の壁

現地商社や物流業者との連絡や、顧客からの問い合わせ対応など、実際に販売を行う上では現地での対応が必ず必要になります。

競合が少ない今がチャンス!
サポート充実のIndia Portalで
参入障壁をクリアします

御社の事業をヒアリング 補助金の最適な活用方法をご提案 資料請求はこちら

申請フォーマット付き!事業再構築補助金攻略ガイド 資料ダウンロード

サポート範囲

市場分析から顧客対応まで幅広くサポート致します

ご契約・販売の流れ

急激に成長を遂げ、
日本製品との相性も良いインド市場に向けて、
低リスクで販売仲介致します。

ご契約までの流れ

1.ヒアリング

所要日数 1日

お客様の販売したい商品や、インド現地での展開のご希望をヒアリングさせていただきます。

2.お見積り

所要日数 3~4日

実施可否とお見積りを算出致します。

3.ご契約

所要日数 2~3日

契約書を締結させていただきます。

販売開始までの流れ

1.販売方法の決定

所要日数 1~3週間

お客様の販売したい商品と目標に沿い、EC販売における売価設定や、商品ページなどを作成します。

2.配送方法の決定

所要日数 1~3週間

日本→インド、インド現地での物流を確保・手配します。お届けまでを販売時点でも訴求します。

3.販売開始

所要日数 2~3日

商品販売し順次配送され、収益化されていきます。

料金表

case 1

テスト販売をして投資価値を判断したい  →アカウント運用代行(販売代行)プランがおすすめ

case 2

すでにアカウントを持っており、販売を強化したい  →販促・プロモーション支援プランがおすすめ

case 3

ニーズ検証はできており、力を入れて販売開始したい  →アカウント運用代行(販売代行)+販促・プロモーション支援プランがおすすめ

シミュレーション

販売単価2000円の文房具の場合、
半年で単月利益70万、半年で単月利益250万のケースも。
市況をもとに商材ごとのポテンシャルをお見積もり致しますので、
お気軽にお問い合わせください

(※あくまで参考データであり、商品・時期によって大きく変動します。)

御社の事業をヒアリング 補助金の最適な活用方法をご提案 資料請求はこちら

申請フォーマット付き!事業再構築補助金攻略ガイド 資料ダウンロード

ニュース&ブログ

スクエアワンへの
お問い合わせはこちら

事業承継、M&A、マーケティング支援について、
ご相談やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。